マッチングアプリでサクラを見破る必要なんて無い!!

サクラを見破る必要なんてない セフレの作り方
この記事は約12分で読めます。
クンニ好きの腕試しにどうぞ

サクラを見破るってそんなに重要なのか??

今回はペアーズやハッピーメールなど、マッチングアプリのサクラについて語りたいと思います。


もう先に結論を書いちゃってますが、
マッチングアプリでサクラや業者を見破る必要なんてないですよ^^


確かにハッピーメールとか課金制の出会い系アプリなら、
サクラや業者を見破るスキルはあった方がいいです。


メッセージのやり取りをするだけでお金が掛かるので、
サクラや業者とはできる限り関わりたくないですからね。


でも、最近主流のマッチングアプリなら、そのスキルはそこまで重要では無いです。


まぁ、どんな戦法で攻めているかにもよるのですが、
すぱぷーはあまりサクラとか業者とか、そこまで意識してないです。


さらに言うなら、ハッピーメールなどの課金制でも
あまり気にしなくても大丈夫ですよ。

そもそもサクラとは何の為にいるのか

まずこれを考えて下さいよ。

サクラって何してるの?ってことですよね。

もちろんサクラの実態を知っているわけではないですが、
少し考えてみれば分かりますよね。

1 女性ユーザーを多く見せるため
2 男性に課金させるため

この2つだと思います。


この2つ以外にサクラがいるとは思えないですよね。

いたとするなら、よほどの暇人くらいですよ。

女性ユーザーの数こそ正義

マッチングアプリのほとんどは女性は無料で利用できます。

課金は男性がするんです。

それでも圧倒的に男性ユーザーの方が多いのです。


1人の女性に対して9人の男性がいると言われてますからね。

スペックの高い女性ユーザーには、何十、何百人の男からのアプローチが殺到するでしょう。


さらにスペックの高い男性が、何人もの女性を捕まえるわけですよね。

ということは、大半の男性はゴールまで辿り着けていないと思われます。


そのゴールが結婚なのか、恋人なのか、セフレなのかは置いといて。。。

出会い系運営会社はこの圧倒的な男女比の不利を、どうにかして改善しようと女性ユーザーを集めようとします。

女性が多ければ多いほど、出会える男性が増えて満足度は上がるはずです。

女性が多いほど、利用する男性も多くなるわけですよ。

運営会社は男性からの収益に頼ってますので、男性の満足度は運営の死活問題になります。


男性もみんながバカでは無いので、女性が少なくてあまり成果が出ないとマッチングアプリから離脱してしまいますよね?

だから女性ユーザーの数が、男性ユーザーから安定的に収益を得るための最重要項目となるわけですね。


でも、女性ユーザーを増やすのは簡単ではありません。

出会い系のイメージは改善されたとはいえ、まだまだ女性にとっては抵抗があるからです。


そこで、サクラの登場ですよ。

慣れている人からすれば、バレバレなんですが、初心者は多分気付きません。

本物の女性だと信じてしまうでしょう。


「ちゃんと女性いるじゃん!」

こう思わせれば、サクラの勝ちです。

鈍感な人なら、しばらくサクラと交流を重ねる、サクラとのマッチングアプリの出来上がりです。

男性にできるだけ課金させる

サクラとは女性ユーザーを装って、男性とメッセージのやり取りをする人です。

最終的には、もちろん会えません。


ですが、男性は結果的に上手くいかなかったと勘違いするだけです。

一応、女性とは交流することができたと思うんですよね。

また他の女性を頑張って探そう!となるわけです。


課金制の出会い系、マッチングアプリなら、メッセージを送るだけでもポイントを消費します。

女性との会話の途中でポイントが無くなれば、ほぼ男性は課金するでしょう。


サクラの狙いはそこなんです。


できるかぎり男性を引っ張り、ポイントを搾り取るんですよ。

男性の心理をうまく利用した巧妙な罠です。


これの罠に気付かずハマると、そこそこ痛い目に合います。

男性が慎重なやり取りをすればするほど、メッセージのやり取りは増え、課金の嵐に・・・


有名じゃないマッチングアプリとかは、おそらくほとんどサクラだと思っていいですよ。


有名どころで上手く結果を出せない人は穴場のマッチングアプリを探そうとしますが、やめた方がいいです。


口コミとか調べても無駄です。

ほとんどは宣伝記事なので、信用はできません。


サクラが少ないところを探すんじゃなくて、絶対的に登録者数が多いところを攻めるのが鉄則です。

女性の絶対数も多いと推測できますからね。


無名のマッチングアプリなんてダメです。

サクラしかいないところにわざわざ行くようなもんですからね・・・

そもそもサクラは実在するのか

ここまではサクラが実在するという前提で書いてきました。

もちろんマッチングアプリの運営さんの宣伝文句には、

「サクラはいません!」

と書かれていることが多いです。


すぱぷーはサクラはいると思っています。

ただし、信じるか、信じないかは、さほど重要ではないんです。


さらには、

本当にサクラが実在するかどうかも、もはやどうでもいいです。


すぱぷーが重視するのは、、、

会えたのか、会えなかったのか。


それだけです。

なぜなら、女性と実際に会えないのなら

その人がサクラかどうかなんて、どうでもいいからです。


確かに、

「なんかサクラっぽいなぁ」

と思うことは多々あります。


でもほんとにサクラかどうかを確認する方法は1つしかありません。


実際に会えれば、サクラではなかったということです。


サクラが実在するのかどうか議論は、所詮女性と出会えなかった男性の悲しい遠吠えにしかならないのです。


女性に会えなかったのは、

  • その人がサクラだったからなのか
  • それとも気に入られなかったからなのか

これだけは絶対に確認することができないのです。


つまり、サクラがいるかどうかを明確に確認する方法は無いのです!


では、すぱぷーはどう考えているのかというと。。。

ペアーズ、タップル、Tinderなどの月定額制の場合

これこそ、サクラがいるかどうかなんて、どうでもいいです。

なぜならメッセージのやり取りが課金要素では無いですから。

仮にサクラといくら話しても、お金は掛かりません。


たしかに「いいね!」などのアプローチの数は制限されています。

ですので、「いいね!」の無駄撃ちが多い人は課金要素があると言えます。


もしかすると「いいね!」を集めるためのサクラはいるかもしれせんね。


でも、

「サクラが多いから、いいね!がすぐに無くなる!」

とか言っている人がいたら、ちょっと考え方を変えましょう。


まず、すぱぷーはターゲット選定をしっかりやってますので、サクラを意識することは、ほとんどないです。

そもそも、サクラがいるとすれば、めちゃくちゃ美人とか、可愛い人の写真になっているはずですよね。


じゃないと「いいね!」を男性から集めることができませんから。

サクラとしての役割を果たせません。


仮にサクラっぽいな、と思う美人女性がもし本物だったとしても、すぱぷーにとってはどうでもいい事なんです。


だってマッチングする確率が低いですから。


男性のライバルが多いのは当たり前ですから、わざわざ難易度が高いところに自分からは行きません。

つまり、こちらからの「いいね!」に対して、出会える期待値が低すぎるんです。


こうなったら、

その相手がサクラなのか本物なのかなんて、どっちでも良くないですか?


サクラなら出会える期待値は0ですよね。

本物だとしてもライバルが多すぎて期待値は0に近くなります。


この僅かな差を見極める必要なんて、ありますかね?笑


すぱぷーからすれば、「どっちでもいい」となるわけです。

もっと可能性の高い方へ、期待値の高い方へ意識を向けるべきです。

だからサクラを見破る必要なんて無いんです。


完成度の高い写真とプロフィールを作り込めば、

サクラかと思うような綺麗な女性からもアプローチが来ます。


すぱぷーの戦略は基本的に、構えて待つスタイルです。

相手に踏み込めば、サクラや業者のリスクを避けれません。


もちろん、すぱぷーからも「いいね!」しますが、

追加課金してまではやらないです。

というか、やりたくないです笑


できる限り追加の課金をせずにセフレを探すなら、

自分のプロフィールを見つめ直す時間の方が大事ですよ。

ハッピーメール、ワクワクメールなどの完全課金制の場合

問題はこっちですよね。

サクラはいないと運営は宣言してますが、

すぱぷーは全然信用できないです笑

まぁサクラよりも、援デリ業者の方がうっとうしいので、

サクラの有無は別にどうでもいいんですが。

で詳しく書きましたので参考までに。


スパイダー攻略法を簡単に言えば、

「こちらからはアプローチせず、罠を張って相手からのアプローチをひたすら待つ」

という事なんですが。。。


つまりは、ハッピーメールなどの課金制は、

女性に対してのアプローチにポイントを消費するのです。


だから、ポイントを消費しない事だけで自分をアピールし、

相手からのメッセージを待つという事なんですよね。

もちろん、来るメッセージのほとんどは業者なので、

それをある程度見分ける方法もブログに書きました。


では、業者ではなく、本物っぽい女性からメッセージが来た場合にどうするのか。


こちらからメッセージを送信するときには、必ずポイントを消費します。

ですので、できる限り早い段階でLINEなどに誘導しなくてはなりません。

じゃないと、あっという間にポイントは底をつき、課金ばかりしてしまいます。


すぱぷーは5通目くらいでLINEやカカオなどでお話しましょうと、言ってしまいます。


ちょっと脈がありそうと感じても、10通目以内です。


もちろん、男性はポイントが必要なので「課金しなくてはならないから!」と理由も言います。


「5通目はさすがに早すぎませんか?」

と思いますよね?


その通りです。

どう考えても早過ぎます笑

10通目でも早過ぎるくらいです。


ご察しの通り、大体は断られます。

普通に考えればそうですよね。

もちろん、分かってやってますよ。


じゃあ、なぜ5通目なのか。

さっき書いたことを覚えてますか?

女性に出会えなかったのは、
その人がサクラだったからなのか
それとも気に入られなかったからなのか

これだけは絶対に確認することができないのです。

つまり、サクラがいるかどうかを明確に確認する方法は無いのです。

これですよ、これ。

メッセージの最初の段階でサクラかどうかなんて、絶対に分からないです。

というより、100通メッセージを送っても本当の事は分からないです。


サクラかどうか確認する方法は、ただ一つ。

でもほんとにサクラかどうかを確認する方法は1つしかありません。

実際に会えれば、サクラではなかったということです。

これだけです。

これを踏まえて、すぱぷーはこう考えます。

もしサクラじゃなかったとしても、100通もメッセージは送らない!

ハッピーメールで100通のメッセージを送るなら、金額にして5,000円近くになります。

もし仮にサクラじゃなかったとしても、十分すぎるほどコスパが悪いです。


そして、もしその女性がサクラだったとしたら・・・?

やばいですよね?笑


そうなんです。

課金制では相手がサクラかどうかより、

「いかに少ないポイント消費でLINEなどに誘導できるか」

が最重要となります。


なので、すぱぷーは5~10通目くらいでLINEに誘導できなければ、何のためらいもなく諦めます。

確かに成功率は落ちるでしょうが、5~10通目でもLINEなど教えてくれる人もちゃんといます。


分かりやすく言うと、

もし相手がサクラじゃなくても

20~30通目でLINEを教えてくれる人なら、最初からお断りなんです。


そこまでやり取りすると、コスパが悪すぎて意味がないんです。


「それなら月定額のマッチングアプリにすればいい」

となるわけですよね。


こう考えてしまえば、ハッピーメールなどでも同じ事です。

相手がサクラかどうかなんて、すあぷーからすれば、「どっちでもいい」となるわけです。


だって、どちらにせよ5~10通目で決着が着くんですから。

サクラかどうかなんて分からないからこそ、限界ラインを決めているんです。


これはリスクマネジメントですよ。

課金制の出会い系では必ず意識する必要があります。


すぱぷーはそのやり方でちゃんと女性と出会ってますから、いまのところは有効だと考えてます。

本当にサクラがいるかどうかは分かりませんが、

本物の女性がいる事だけは間違いない断言できます。


本物の女性は、ちゃんといますよ。

なので、しっかりリスクマネジメントすればチャンスはありますので挑戦してみて下さい。

無課金でセフレを作れる方法です

サクラを探しているんじゃないでしょ!?

ちょっと長々と書いてしまいました。

すぱぷーはサクラを探すためにマッチングアプリをやってません。

セフレを探すためです!キリッ


あなたもそうですよね?

だったら、サクラを見破る方法なんてあまり考えない方がいいです。


サクラを見破れたら、出会える自信があるんですか??

サクラがいるから、出会えないんですか??


本質はどうやらそこでは無いようですね。

最初にも言いましたが、すぱぷーはサクラはいると思っています。


でも、それは神様がいるかどうか、とかそんなレベルの事です。

もはや信仰や価値観の自由くらいのレベルです。


マッチングアプリで出会えるかどうかには、なんの役にも立ちません。

問題はそこじゃなくて、おそらく自分の写真やプロフィールだと思います笑


あとは、ターゲット選定とリスクマネジメントじゃないでしょうか。

もちろん「できる限り課金したくない!」という前提で今回の記事は書いてます。

金持ちにはちっとも心に響かない記事だとは思いますが、

時間効率も良くなるので、意識した方がいいとは思いますが。


ま、金持ちならそこまで苦労しなくても他の方法があるかな笑


では、今日はこの辺で!

ごきげんよーう^^

タイトルとURLをコピーしました